MENU
【賃貸】憧れのコンクリート床へ簡単DIY

【ミニマリストを目指す方必見】知らなきゃ損するメリットと悲惨なデメリット

  • 将来が不安
  • 仕事以外の収入が欲しい
  • 節約したい

私は上記の悩みを抱えた事で、自由な生活を送っているミニマリストに興味を持ちました。

今回の記事では、実際に一人暮らしがミニマリストになって感じたメリット、そして意外なデメリットを紹介します。

こんにちわ。ムッタ(@muttablog)です。シンプルな一人暮らしを心掛け、財布にも身体にも優しい生活を過ごしています。

スポンサーリンク
目次

ミニマリストとは

  • 最小限の持ち物で暮らす人

自分にとって、本当に必要な物だけを持つことで、物に縛られず自分らしく生きるというライフスタイル。

ミニマリストになって良かった点

1位:自由な時間が増える

私がミニマリストになって感じた1番のメリットが時間が増えたことです。

モノが少なくなったことで、様々なことが短時間で済むようになりました。

  • 掃除
  • 洗濯
  • 洋服を選ぶ時間
  • 身支度

自由な時間が増えた事で、副業の時間が増え、収益も自然と増えていきました。

2位:忘れ物が減る

これは、ミニマリストになる前は気づかなかったメリットです。

モノが少ない事で、モノの定位置が決まり、家を出る時に鍵がなくて焦ることが一切なくなりました。

3位:好きな事・やりたい事にお金を掛けられる

やりたい事をお金のせいで諦めた経験ありませんか?私は何度もあります。

ただ、ミニマリストになり無駄な出費が減った事で、本当にしたい事にお金を掛けれるようになりました。

私が今、ブログで収益を得られているのも、無駄な出費を抑え、パソコンを思い切って買ったのおかげです。

4位:掃除が楽

毎日、綺麗な部屋で目覚めるのは最高に気持ちが良いですよ。

私の部屋はモノが少ない事と、床にモノを置かない事で、全体の掃除が5分程で終わります。

掃除は楽じゃないと続かない!

5位:身支度が楽

家を出る時間なのに、洋服が決まらない、財布がない。こんな経験ありますよね

ミニマリストになってから、この悩みが消えました。

本当にお気に入りの服しかないのですぐに決まる、モノはいつも定位置にある。

余裕を持って生活を送れるようになりました

6位:苦手な朝を克服できた

朝が苦手なのは、意思の弱さではなく、環境の問題だと気づきました。

自分にとって理想的な部屋で目覚める朝は、最高に気持ち良いです。

7位:簡単にお洒落な部屋にできる

モノが少ない事で、色を統一しやすく簡単にお洒落な部屋にできます

よくSNSで見る、モノが多くて、お洒落な部屋はそれだけお金も掛かっていますし、センスも必要でしょう。

スポンサーリンク

ミニマリストの意外なデメリット

1位:シンプルを極めすぎて、不便になる

モノを全て収納し、綺麗なキッチンは、見栄えは良いかもしれませんが、料理をするたび、モノを取り出すって不便ですよね。

私は場所によって、シンプルと機能性を分けています

シンプル重視の場所
  • メインルーム
  • 洋室
  • トイレ
  • お風呂
機能性重視の場所
  • キッチン
  • クローゼット
  • 洗面台

2位:必要なモノも捨ててしまう

ミニマリストとは、その人にとっての必要最小限であり、人それぞれ違います。

掃除機が必要ない人もいますが、広い部屋に住んでいる人は掃除機は必要でしょう

大事なのは、自分軸でモノを捨てる事。

他人軸で、モノを捨てると快適になるはずが、逆に不便になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

モノを減らしただけでこんなにもメリットがありました。お金が掛からないだけでなく、売ればお金まで貰えるなんて、最高です。

ただ、正しい断捨離方法を知らないと、返って不便になったりするなど注意も必要です。

ミニマリストの考え方は、今の生活を変えることに関して最も即効性があり、効果を実感しやすいです

他にも、正しい断捨離方法やモノの売り方を発信していますので、ぜひ、参考にしてみでください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる